カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の大切な声 サイトマップ

革製品のお手入れについて

革製品をご購入のお客様へ

◆革製品の色落ち

良い革ほど色は落ちやすく、完全に色止めした場合は革の良さが失われます。
特にカラーレザーは色落ちすることがありますので、汗、雨にはご注意下さい。
一般に革の色落ちを防止するには、水に濡らさないことが重要です。
水による色落ちの防止策として、使用前に市販の防撥水スプレーの使用がお薦めです。
また、白、ベージュ等の薄色の服装をする場合には、革製品を身体に強く押付けないようにしてください。

◆革製品の取扱い

革の取扱いで、最も注意すべきことは雨です。その他何らかの理由で革を濡らしてしまったときは素早く乾いた布やティッシュペーパー等で押えるように水気を吸取り、風通しのよい所で陰干ししてください。
直火、アイロン、ドライヤーなどにより高温で乾燥させるのはお止めください。
革が収縮、硬化し使用に耐えられなくなります。

◆革製品の手入れ

通常は軟らかい布でから拭きをします。起毛革(スエードなど)はブラッシングします。
手あかのような汚れにはクリーナーを使用しますが、革の種類にあったクリーナーを使用してください。
また、色移りを防ぐために無色のものを選んでください。
液状のクリーナーでシミになる場合は、から拭きか消しゴムタイプのクリーナー、食パンの白い部分で汚れを取るくらいにとどめてください。
汚れたときは、素材によってお手入れ方法が違いますので、はじめに目立たないところで試し、色落ちや変色がないかどうか確かめてから、それぞれに適したお手入れをして下さい。

◆革製品の保管

・保管前の手入れは普段よりも念入りにお願いします。汚れはカビの栄養源になるので
 よく落としてください。
・防カビ剤入りクリーナー、クリームの使用をお勧めします。
・陰干ししてよく乾かしてください。湿ったままのい保管は革の劣化、硬化、カビの発生の
 原因となります。
・型を整えて、詰め物などをして型崩れを防いでください。
・風通しのよい低温で湿気の少ない場所に保管してください。
・色移りを避けるため合成樹脂、線製品と直接触れないようにしてください。
・ビニール袋の中に保管すると、可塑剤の移行で密着することがありますので、ご注意
 願います。
・変褐色を防ぐため直接光が当たらないようにしてください。隙間明かりや蛍光灯の光で
 も変色しますのでご注意下さい。